▉集中課程

集中課程・少人数クラスを採用、各クラス5~8人、一日三時間のしっかりとした学習、毎週15時間、一学期10‐12課分を学習します。学生が短時間で聞く、話す、読む、書くの能力を身に着けることができます。集中課程では学生の中国語能力に合わせクラス分けを行い、合わせて10クラスに分かれます。留学及び仕事が目的で台湾に来られた方に適した課程です。短時間で集中的に目標の中国語レベルに達することができます。

▉一般課程

一般課程では必修科目と選択科目があり、各クラス6-12人、合わせて14のクラスに分かれます。必修科目は月曜日から木曜日、毎週12時間の中国語クラス、一学期8課分学習します。ならびに毎週金曜日は自分で選択した科目を3時間学習します。学生ビザの方は必ず必修科目、選択科目どちらとも受講してもらいます。選択科目では異なる中国語レベルの学生が技能強化シリーズ(会話、閲読、作文等)または文化シリーズ(歌、旅行、ドラマ及び映画等)のどちらか一つのシリーズの中の1科目を選択し中国語を学習できます。豊富な選択肢が特徴であり、リラックスした環境下で学習したい学生の方にお勧めな課程です。



*集中課程の定員数には限りがあるため、できるだけ早めの申請並びにお支払いをお願いいたします。
 集中クラスの定員が達し集中クラスの申請、学費のお支払いが遅れた学生の場合、自動的に一般クラスに変更となります。差額は後日返金いたします。尚、インターネットで申請が済んだ方でも、学費が未払いの方は、集中クラスが定員に達すれば、一般クラスに変更となります。

 

 
教材 語彙・文法・内容
初級課程

時代華語1、2

時代華語學生作業簿1、2

入門基礎級TOCFLネット練習

聞く:言語がはっきりでゆっくりな状況で、簡潔な会話、話の内容と重点を理解できる。

話す:簡単な文で個人的な背景を述べることができる。日常生活の中での慣れ親しんだ物事、毎日のルーティンを簡単な内容で説明ができる。

読む:日常生活または仕事でよく使う語彙で書かれた簡単で短い文章を理解できる。

書く:簡単な接続詞を使い簡潔なメール、要求を伝え、書くことができる。例、感謝、謝る、招待する等(感謝、道歉、邀請等)

中級課程

時代華語3、4

時代華語學生作業簿3、4

進階高階級TOCFLネット練習

聞く:仕事、学習、娯楽といった慣れ親しんだ話題の内容、なおかつ言葉がはっきりで発音も標準である状況で、大まかな内容そして詳細な重点を理解できる。

話す:個人の経験、感覚、夢、希望といったことを一つのつながりとして話すことができる。物事に順序をつけて話すことができる。簡単な理由付けをし、自身の意見を述べることができる。

読む:シンプルでわかりやすく書かれた文章、および個人的に興味があるテーマ、専門的な文章を読み取ることができる。

書く:経験、感情、物事などを用いて詳細に手紙をかけ、密接なメッセージを送ることができる。

中高課程

實用視聽華語5

實用視聽華語學生作業簿5

進階高階級TOCFLネット練習

聞く:一定の文章の長さに対して、標準的な表現方法を用いて話し合い、専門的なテーマの討論、抽象的な内容にかかわらず、重要な大まかな点を理解できる。

話す:興味を抱いたテーマ、経験、物事に対しはっきりと細かく述べることができる。一般的な議論、論争の内容に対し、個人的な見解並びに構成の詳細な理由の説明、論点をはっきりさせ、関係する例を挙げ、自分自身の考えを述べることができる。

読む:閲読の際、自主性を持ち様々な異なる文章、目的に対し適用することができる。異なる閲読の方法、速度、幅広い語彙を使用できる。

書く:幅広い文章、報告の論点を書くことができる。特定の観点に対し賛成または反対的な理由を挙げ、優劣をつけ解釈できる。

高級主題討論
新聞時事
思想と社会
商業経営

聞く:言葉の構成、関連性が明確でない場合であっても、抽象的、複雑なテーマの内容を理解できる。

話す:正式な場面において、複雑、抽象的、慣れていない話題に対して細かな詳細をはっきりと述べ、適切な結論を導き出せる。流暢で、思いのままに、反対的な内容に対し説得力のある返答ができる。その他の説明、理由、関係する例を挙げ、自身の考えを支持し主張できる。

読む:個人的に興味があるテーマに関わらず、長文で複雑な文章の細部まで理解できる。

書く:本来の意図の要約ができ、多様な文型、書き言葉で各種テーマの長文、資料を適切に改め構成することができる。各議題に対しはっきりと論理的に評価と分析を行い、解決方法、結論を導き出せる。異なる文型、書き言葉を用い個人的な意見を述べることができる。